最後のアスパラ

2011.04.28.20:37

 平成20年3月9日に自家製の100株と購入苗70株を植えた。

アスパラと草刈り始めトマトカレー 001

アスパラと草刈り始めトマトカレー 003

アスパラと草刈り始めトマトカレー 004

翌年の21年は40kg位収穫した。
以後立枯れが発生し、徐々に拡大し昨年は殆ど収穫せず。

 アスパラ栽培はハウスでなければ病気が発生し、3年位で終わってしまう、そんな事がわかった。
今年の1月25日に半分だけトラクターで起こし、ピーマンを栽培しようと決めた。

その後東日本大震災が発生し、新設ハウスを大きくする事にしたので、それに伴って既設のハウスをここに移設するので、これでアスパラ栽培は終わりにする事にした。

よく味わって戴きました。





極太アスパラ

2011.03.18.23:50

 研修から帰ってくると、ちょうど友人が来た。
しながら、東日本大震災の話をしていたら、アスパラのお姉さんが極太アスパラを持って現れました。

トマトの定植実習 032

ちょっとまだ寒い中を生えて来たので、三角の袴が紫がかっています。
寒暖の差が大きかった証拠だから、きっと甘味は抜群です。
直径26mm

早速戴きました。

茹で立てなのでいい色、そして軟らかく、やはりとっても甘~い
食べるのが勿体ない位。
やっぱり有機栽培のは味が濃く、甘くなりますね。

有難う御座いました



tag : 極太アスパラ

アスパラの最後

2011.01.25.20:58

 定年になった翌年に植えたアスパラ、丸三年になります。
翌年は、ドキドキするほど生えました。

でも昨年は、切り口から病原菌が入り、株が枯れ始め、殆ど収穫できなかった。

2~3日前に株を掘り起こして、チェックしてみた。
今年生えそうな、元気のいい芽はない。
取りあえず2畝潰す事にした。

交流農業とアスパラの最後 005

手前のコンテナの中のアルパラは、株をチェックしたアスパラ。
掘り起こすのが大変だった。

交流農業とアスパラの最後 006

こうするのに15分。
最後はあっけない 

ここに今年はジャンボピーマンを作ります。




ホワイトアスパラ?

2010.06.06.00:15

 あちこちに、モグラの穴があるので、潅水かたがた潰した。

ホワイトアスパラ?

突然水が吸い込まれていって、白いのが見えた。
最初は、白蛇かと思った。

良く見ると、アスパラの赤ちゃんならぬ、白ちゃんである。
つまり、ホワイトアスパラである。

有機肥料だけなので、ミミズがいっぱいいます。
だから、モグラが来るんです 

初出荷

2010.04.22.18:11

 今朝は雨降り。
わかっていたが、予定通り出荷する。
傘をさし長靴を履いて、圃場を周ってアスパラを収穫した。
昨夜、ラベルを貼って準備した袋に140gづつ入れた。
ちょっと窮屈だけど、シールテープで封をした。

IMG_4593.jpg

6時45分に「とれったひろば」へ向かった。
この時間帯で20分かかった。
着くと、駐車場はガラガラ。
そうかまだ早いんや、と思って裏手へ行ったら、忙しく人が動いていた。
職員にコンピューターの扱い方を聞いて、アスパラを入力しようとすると、「未」と出た。
昨日も「とれったひろば」へ行って、栽培履歴を提出したが、出荷の許可が下りていない事がわかった。
「昨日の何時ごろ出されました」と尋ねられ
「私は4時過ぎに書類を出した。」
「そうですか、3時までになっているんですが。でないと担当の者がかえってしまうんで。」
理由は、前日の3時前に書類を提出しておかなければならないそうだ。
「そうか、それは知らなかった
その前の説明では、そんな事は言っていなかった。
「今日の日が来るのに2年間かかった。何とかして欲しい。」と言ったら、
「少し待ってもらえれば何とかします。」と体格のいい人が鄭重に答えてくれた。
「記念すべき日なので、いつまででもまちますよ。」と。
今までの自分なら、頭に来て噛み付いたかも知れないが、不思議だった。

 待っている間に、マーケット内を歩いて見て回った。
興味のある物や知人の品物もあった。
これは、この前食べたエシャロット

IMG_4598.jpg

これは同じ就農塾の同僚の品物。

IMG_4597.jpg

 なるほど、「常々人のやらない事をやらないかん。」と言ってみえるだけの事はある。
見て回りながら、私の頭の中は、値段をいくらにしようと考えていた。

「河村さん、もういいですよ~」と店長が連絡をしてくれました。

早速、コンピューターで値段を入れた。
「えびす農園」ブランドの早期確立の為に

IMG_4599.jpg

本当は立てて置くのが正解。
ラベルを貼る場所もちょっと考えなくては。

さあ、売れたか、売れ残りか


 

ムラサキアスパラ

2010.04.20.09:11

 ムラサキは、生え初めがグリーンより遅い。
色つけに時間がかかるからか

IMG_4571.jpg

こんな風に、ずーっと生えれば、文句ありません 

一番長いのを、そのまま食べました。
ムラサキはそれが出来るからいいですね。

今朝食べた

2010.04.17.23:38

 アスパラガスがとても甘かった。
やはり、有機肥料オンリーで栽培したのは、とてつもなく甘い
昨年は、追肥をやる時期が遅かった事もあり今年は早目にと思ったし、今年になって2回目の完熟堆肥を散布する事にした。
堆肥の散布は、マルチの効果もあるので草が生えなくて都合もいい。
前回は、2月7日でした。
今回も、1列15kgの割です。

IMG_4538.jpg

一番手前の白い楕円形の所を、今朝取って食べました。


翌18日朝、同じサイズのアスパラの糖度を測定してみました。

IMG_4541.jpg

今年は6.0度 

因みに、昨年の糖度を調べてみました。
糖度計を買ったのが6月20日なので、翌々日の22日に測定しています。
5.4度でした。

アスパラの糖度

やはり、昨年より甘い
もっとも、計測時期が4月と6月では違いますが 

 今後もこうして、色々な作物をチェックしてみたい。


初収穫

2010.04.12.07:55

 今年は寒かった事や、昨年の立枯で株が弱っている事等で、収穫が20日も遅れたし、しかも貧弱。
私の腕の未熟さが露呈。
今後、工夫を要す。 

IMG_4363.jpg

太いのが余りないし、ムラサキアスパラの方が半月位遅いはずなので、一緒に初収穫では普通のアスパラがいかに寂しいかわかると思います。
露地栽培と雨除け栽培では、明らかに後者が優っています。
その他、ハウス栽培の方が、害虫もシャットアウト出来るのでより効果が大きい。
昨年もそうでしたが、家庭菜園感覚で作っているので、農薬は使っていません。
安全安心食材と言うだけなら、これで満足
 

 昨年は3月23日に初収穫しています。
これはその日のアスパラガス1株からの生え具合。

IMG_0567.jpg

力強い生え方でした。

ようやく芽を出した

2010.04.03.21:15

 アスパラガス。

昨年の初収穫は3月23日。

IMG_4212.jpg

まだこんな状態なので、収穫までにどれくらいかかるやら

立枯れ病で株も傷んでいるので、元気がない

芽をだしているのも所々。

やはりハウス栽培でないと病気になる確率が高い 

雨除けハウス内のアスパラ

2010.02.07.20:16

 雨除けのアスパラガスに、苦土石灰と牛糞堆肥を施用した。
本当は、この2種類を同時にやると、ガスが出るので別々に施用しないといけない。

今迄、雨が入っていないので、肥料をやっても養分として根っこに届いていないだろう。
そんな思いから、たっぷりと潅水した。

施用した苦土石灰は1列2kg、牛糞堆肥は1列15kgの割です。

雨除けハウス内

黄色い袋から向こうは、またミニトマト「アイコ」を作る予定。
今年は、6株位で、これも二本仕立てにし、間隔に余裕を持たせる。



プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード