スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西方見聞録 54 20年前のドイツ旅行 古城ホテルまで 

2016.10.12.21:33

 ケルン駅に着いてから、ホテルでチェックイン。

再度街へ出掛けて、このドームの下のピザハットで食事。

2016100915374694d.jpg

街を散策した。

201610091537460c4.jpg

翌日ビスマルクストリートにあるHertsの営業所までタクシーで。 

オートマチックを頼んでおいたが、マニュアル。
地図はドイツ語、道路を聞いてもドイツ語なのでわからない。
左ハンドル、右側通行なので運転も大変。
ケルンからボンまで30km位なのに2時間かかった。
何とか運転も慣れてきた。
古城を見ながら、ライン川左岸のB9を上って行く。
コブレンツを過ぎて、更に行くと反対側にローレライ伝説の場所がある。

201610102224263cf.jpg

201610102224263d5.jpg

このあたりは橋が全くなく、フェリーばかり。
ローレライの見える所でフェリーに乗り、B42(ライン川右岸の道路)へ。
リューデスハイムにあるワイン博物館(ブレムザー城)へ行ってみる。

20161009153746071.jpg

20161010222426964.jpg

この辺りに予約した古城ホテルがあるはずだが・・・・

20161010222426bb7.jpg

ブドウ畑で作業している人に聞いたら、「私はノルウエーからの出稼ぎやでわからん」と言っていた。
機械に乗っている農園主らしい人に聞いたら、英語で帰って来て、この森の奥だと言う。

2016101022240922b.jpg

ようやく見つけた古城ホテル。
今回のハイライトのホテルでもある。

20161010222426613.jpg

この時食べたビスクの味、こんな美味いスープがあるのかと、いつまでたっても忘れられない味になる。

201610102323444ff.jpg

またこの時、空が真っ黒になって雷が光り、直径5センチ位の雹が激しく降って来た。
見る見るうちに10cm位は積もったか。
ウエイトレスにこんな事あるの?と聞いたら「しょっちゅうよ」と言ったのにはビックリ。
だからブドウ畑は塀の様に立てて栽培するんだ、と思った。

 このホテルで夜中だったが、騒がしい話声にふと目を覚ました。
勿論話の内容は分からないが良く聞いていると、小鳥がさえずっているように聞こえた。
言葉は歴史を積み重ねると、響きが良くなる。
日本でも京都弁や大阪弁・名古屋弁は標準語より音がきれいだ。
英語でもアメリカよりイギリスの方が音がきれい。
特に表音文字の言葉はそれがよくわかる、とこの時思ったのを覚えている。

 明日は古城街道を通って、日本人に有名なロマンチック街道に入る。
このロマンチック街道、起点はヴュルツブルグだが、ドイツ人のマーチンとの待ち合わせ場所がアウグスブルグなので、ローテンブルグから入る事にした。
古城街道もロマンチック街道もどんな景色なのか楽しみである。

スポンサーサイト

西方見聞録 53 20年前のベルギー滞在 ナザレス・ブルージュ編

2016.09.29.23:20

20160930211359a38.jpg

イギリス(240V)とベルギー(380V)はノロノロ運転だったが、フランス(220V)内では300km/hを出した。
電圧の差がネックの様だ。
が、今は解消されている。
ブリュッセル中央駅に着いた。
Waterlooを出てから2時間半の旅。
アニーとポールが迎えに来てくれていた。

201609292348293c6.jpg

有名な小便小僧の前で記念撮影。

小便小僧の誕生には諸説ありますが、有名な説が悪童ジュリアンが爆弾の導火線に小便をかけて消し、町を救ったという伝説からの由来というもの。
悪童と呼ばれるほどのいたずらっ子でありながら、町を救った英雄であるジュリアン少年。
この像も「ジュリアン坊や」という愛称で市民から親しまれています。
この小便小僧は初代ではありません。
小便小僧は過去に幾度と無く盗難の被害にあっており、現在のこの像は、彫刻家ジェローム・デュケノワ(Jerome Duquesnoy)により 1619年作に製作されたブロンズ製のもの。
1619年生まれということで「ブリュッセルの最長老市民」と言われています。

20160929234829670.jpg

素晴らしい家。
写真の反対側に庭があり、リンゴの木が7本あって150kg収穫したと言う。
ゴマスリの人を英語ではApple polisherと言うから、それだけ一般の家で栽培が出来ると言う事なのだろう。

2016092923482914a.jpg

夕食はローストビーフ、「狂牛病の心配はないよ」と言ってくれた。

20160930211359b1e.jpg
20160930093949c12.jpg

このkwak(アルコール分6°)と言うビール1.2㍑、飲む前に靴を片方預けなければならない。
もし、飲めなかったらその片方は店が没収する。
なので必死に飲んだ。
この店は世界的に有名な店である。

翌日、御主人のジョスがまずブルージュへ連れて行ってくれた。

20160929234829e92.jpg

このブルージュ、海岸から10kmも離れてしまった。
栄えた当初は港で、運河がいっぱいあった。
それが今では、堰き止められた川の様になっている。
つまり、土地がそれだけ隆起したと言う事である。
日本はその反対で沈没しているのである。
そのいい例が、リアス式海岸は土地が沈没。

その運河を利用した舟で町廻りが出来る。

20160930231947ea6.jpg

何回でも乗りたくなる。

201609292348298da.jpg

この教会の鐘楼からの眺めは素晴らしい。

201609302319477d5.jpg

ブルージュは素晴らしい

201609300939498a7.jpg

こちらはゲント、ブルージュよりも更にお金持ちの街らしい。

201609300939490f1.jpg

 この国際列車でドイツのケルンへ向かう。
ゲント→ケルン 片道一人1070BF(ベルギーフラン)日本円で3745円と記録している。
途中国境を境で乗務員が変わった。
3時間半の列車の旅、それが30分遅れた。

20160930211359a8e.jpg

 イギリスでもそうだったが、落書きが芸術的。
誰がいつ書いたんだろう?と思う。
今も変わらないし、それが文化なのだろう。

2016092923482960d.jpg

ケルンのホテルで一泊し、翌日9時にレンタカーを借りて、ドイツに8日間滞在予定。

西方見聞録 52 20年前のイギリス滞在 イートン編

2016.09.29.14:08

201609291223083dc.jpeg

日本の様に電線が全く見られず、草むらには野兎が飛び跳ねていて、景色が自然そのものの様な感じで、文化が違うとこんなに違うのかと思ったものである。

20160929122308ac5.jpeg

20160926210051ede.jpeg

翌日の4月29日、ウインザー城の通りでEmil & Lyndaに出会い(私達は初対面、この時Lyndaさんに日本へ来た時に我が家でのホームステイを約束した)4人と1匹でパブに入った。
最初は中庭で

20160929122308ca5.jpeg

寒くなったのか、店内へ入ってあまり飲めない私も珍しく飲んだ。
Tessと言う犬がいたがおとなしいのにはびっくりした。
日本で飲み屋へ犬を連れて入ったら何と言われるか?
狩猟民族の国は違う。

20160929122308ba0.jpeg

201609291223086eb.jpeg

2016092912230873e.jpeg

飲み過ぎてこの後の事は覚えていない。

翌早朝、一人で玄関から外へ出て散歩をした時に、元気のいい新聞配達の少年に会った。
戻ろうとしたら、出たあと自動ロックで入れず、ビックリした。
セキュリティはしっかりしていると思った。

2016092914343364b.jpeg

この子が、「フットボールをしよう」といってくれたMadeleineである。

image2 (3)


Dachet駅からWaterloo駅へ

20160926210051bae.png
20160929143433242.jpeg

そしてユーロスターでブリュッセルへ

20160929143433cfe.jpeg

20160929143433504.jpeg

この時は為替が高かった事もあるが、ブリュッセルまで一等二人で55000位だった。

また、ドーバー海峡のど真ん中で、電圧を切り替える為に停まったのにはびっくりした。


西方見聞録 51 20年前のイギリス滞在 ロンドン編

2016.09.29.13:25

 今回イギリスで20年ぶりに会った友人の、20年前の写真がいっぱい出て来て、西方見聞録に追加してアップする事にした。

 左の方と日本で日本で知り合い、イギリスからヨーロッパを回る計画を自分で立てた。
1996年4月25日に名古屋を飛び立ち5月9日帰国の日程だったと記憶している。
「行くなら今しかない」息子は学校を休ませての大冒険の旅であった。
なにせ初めての海外旅行で、しかも半月で息子と二人。
心細かったので、この方のヒースロー空港でのお出迎えは大変嬉しかった。

20160926210051877.jpeg

この時ではなかったけれど、1日乗車券を買って乗った地下鉄では、乗客がいっぱいいる中、黒人が大きな声で「・・・・・・」と叫んでいたが、周囲の白人は知らん顔していたのが強烈に思い出される。

20160926210051327.jpeg

最初に泊まったのは、迎えに来て頂いた方が間借りしてみえた家にホームステイをさせてもらった。
その後このご夫妻、6週間の休みを取って日本に見え、奥さんの実家が北海道だったので日本を縦断される途中で我が家で答礼のホームステイをして戴いた。
この時、欧米の人が「休みの為に働く」ようなものと言っていたのが本当なんだと理解した。
中央の方の旦那さんは地下鉄の運転手だったので、多分その方の運転する電車に乗った事もあっただろう。

近くのサンズベリーと言うスーパーへ買い物に行った。
裏に運河があって岸壁もきれいに整備されている。

20160929135041840.jpeg

イギリスはこういった運河が網の目の様にあるんだ、と教えてくれた。
舟もいい舟で、乗りたくなる。

私達も二人で、地下鉄を使ってあちこちへ

2016092913504101c.jpeg

多分ここはバーガーキング。
当時狂牛病が流行っていたが、私は記念にとここでハンバーグを食べた記憶がある。
息子は鶏だった。

20160929135041c64.jpeg

ロンドンらしい写真である。

2016092913504107b.jpeg
20160929135041506.jpeg


そしてこの家へクリスが迎えに来てくれた。

20160929135041233.jpeg

そして皆で食事を。

20160926210051a53.jpeg

風呂・トイレ・洗面所が8畳間より広い位で驚いた。
室内の壁は自分で張ったと言っていたが、凄いキレイで100年以上経っている家とは思えない。

20160926210051276.jpeg

一番奥には、庭があって、いわゆるイングリッシュガーデンだ。

ロンドンで2泊だったと思うが、その後クリスの家へ。



イギリスとの価格比較

2016.09.01.22:19

 ある人に誘われてイタリアンレストランへ行った。

2016-09-01 シエスタ002

2016-09-01 シエスタ004

2016-09-01 シエスタ006

2016-09-01 シエスタ008

この他にが出て11£(1£136円で換算)


 そこでモーカムのあのレストランの値段を思い出した。

image4 (4)

このビール3.5£(476円)これはまあまあ。

次にサーモンサラダ

image5 (2)

これ一皿で13.5£(1836円)

こちらがラムランプローストが15.95£(2170円)

image1 (6)

このフィッシュ&チップスが11.5£(1564円)

image2 (6)

子供用フィッシュ&チップスが6.95£(945円)

image3 (5)

ガーリックブレッドが3.25£(442円)
さつま芋フライが2.95£(401円)

image2 (5)

この他、孫達がコーク、リンダがシャンパンだったか?で合計83.55£(11363円)

image1 (5)

為替が動くので、いつまでもこの価格ではないかも知れないが、EU離脱前は150~160円だったからもっと高かったわけ。
運よく安くなってもこの値段だから一品料理では日本の約倍の値段だと言う事。

日本の価格が安過ぎる、そんな事を感じた。

西方見聞録 50 帰国の途に

2016.08.12.21:36

2016092017430572b.jpeg
201609201743055c1.jpeg

何となくフランスのホテルはセンスがいい様に思った。

20160920174305f93.jpeg
20160920174305026.jpeg
20160920174305dcc.jpeg

しっかり目に朝食をとった。

セントラザール駅からギャールドリヨン駅まで地下鉄で。
昨日の学習で簡単に。

CDG(シャルルドゴール空港)行のシャトルバス乗場も昨日チェック済。

201609201756289ae.jpeg
2016092017562827b.jpeg
201609201756282e9.jpeg

シェフのアドバイスの赤テント。
今から45分でCDGへ。

20160920175628498.jpeg

このバスの運転手、大人も子供も一律で17€を請求してきた。
ちょっと腹が立ったが「まあいいか」と思って支払った。

20160920192048b07.jpeg
20160920192048c44.jpeg

あれに乗れば帰れる、と思って安堵した。

20160920192048b7d.jpeg

搭乗手続きを済ませ、ちょっと一杯。

20160920192048d32.jpeg

20160920193249a81.jpeg

この電子辞書、こう言う時にはもってこい。

ヘルシンキ ヴァンター空港で乗り継ぎ

201609201932491e6.jpeg

20160920193249b53.jpeg
201609201932491d4.jpeg
20160920193249ac0.jpeg
2016092019504622b.jpeg

201609201950463fa.jpeg
20160920195046822.jpeg

「おじいちゃん、朝日がきれいだよ」と兄貴が言った。
感動した様である。

20160920195046784.jpeg

20160920195046c79.jpeg

201609201950463c6.jpeg

20160920200250630.jpeg
20160920200250e8c.jpeg
20160920200250998.jpeg

セントレア着陸4時間後、我が家でランチ。
食材をチェックした。
90%以上が野菜系。
私はベジタリアンだったんだ。

20160920200250d61.jpeg

ここで寝ると時差ボケになるよ~

約一ヶ月かかったこのブログが最大のお土産です。
私の子供を一人づつ連れて息子達は欧州、娘はカナダと10日から半月二人旅をした。
それが孫が大きくなるにつれ、「いつしか孫と」と思う様になっていた。

娘の一言「トマト、私が面倒見るわ」で実現した。
航正君・順正君、お父さん・お母さんに感謝だよ。

いつの日か孫達もこのブログを見て、当時を思い出すでしょう。
私にとってもいい思い出になった事は言うまでもありませんが、旧交を温めたり新たな交流が出来たり、次に繋がる交流が出来きた事も大きな成果でした。
協力して下さった皆さん有難う御座いました。


西方見聞録 49 エトワール凱旋門

2016.08.11.21:51

20160919181300e10.jpeg
20160919181300d24.jpeg
2016091918130038b.jpeg
20160919181300bb3.jpeg
201609191813001fd.jpeg
20160919181300ca6.jpeg

20160919181706d0e.jpeg
20160919181706724.jpeg
20160919181706238.jpeg
20160919181706398.jpeg

20160919203953abb.jpeg
2016091920395376b.jpeg
20160919203953663.jpeg

この車、凄いクラシック。
赤い服を着て車を磨いていたお姉さんに、「写真撮ってもいいかい?」と聞いたら、見事にお隠れになった。

20160919203953eb1.jpeg
2016091920395384c.jpeg
2016091920395346c.jpeg

ここまで一時間半。

門だけを道路のど真ん中に創る、こんな発想は日本人には出来ない。

2016091920461957c.jpeg

このホテルレストランの窓の花が凄い。
よく見ると屋上まで。
これがこだわり。

20160919204619bc6.jpeg
2016091920461972b.jpeg
20160919204619be9.jpeg

ここの凱旋門、凄い人だった。
特に中国人?しかも団体で。
いつかの日本人みたい。
でもあんなに賑わしくはなかった。

ヤッパリ、パリはロンドンと思うと華美。
ラテンとゲルマンの民族性の違いか

西方見聞録 48 ホテル アンタントリニテ

2016.08.11.21:34

20160919154236dd9.jpeg
20160919154236efa.jpeg
2016091915423618a.jpeg
20160919154236d26.jpeg
2016091915423655f.jpeg
20160919154236735.jpeg

着いた〜。
まず一服。
窓から外を見ると

20160919160002f84.jpeg
201609191600021f3.jpeg
20160919160002472.jpeg

20160919160002459.jpeg

ついで、どこへ行くのか三人で検討。
凱旋門とエッフェル塔が候補に上がった。

時間的な事やら、明日は早目に空港に行きたいと言う理由から、凱旋門だけにした。

20160919160002322.png

ここはオペラ地区、賑やかな所なので、引ったくり等に気をつけてとホテルマンにアドバイスされた。


西方見聞録 47 一路パリへ

2016.08.11.21:05

20160919115240d42.jpeg
201609191152402ad.jpeg

やっぱりフランスは自由奔放。

2016091911524068b.jpeg
20160919115240966.jpeg

約30分、ディジョンに着いた。

201609191152406dd.jpeg
20160919115240d8b.jpeg

12:01発でパリリヨン着13:38のTGVに乗る。

20160919121347ed3.jpeg
20160919121347678.jpeg
201609191213477c9.jpeg
20160919121347770.jpeg
20160919121347bb3.jpeg

1時間40分後、パリギャールドリヨンに着いた。
二等運賃大人一人片道8600円(為替1Euro116円)。
明日はこの駅まで来て、CDG空港行きのバスに乗る。
シェフに教えてもらった赤テントの反対側のバス停へ行ってみる。

20160919121347cc9.jpeg

20160919123033d2e.jpeg
20160919123033a48.jpeg

これでよし。
CDGで降り場は2D。

チョットリヨン駅を写真に。

2016091912303388c.jpeg
20160919123033094.jpeg

この駅もすごい。

20160919130315034.jpeg

自分達でバーガーを買っている。

2016091912303339d.jpeg
20160919130315ec7.jpeg
201609191303156e7.jpeg

これでこの店二回目。
すっかり慣れた。

ここから地下鉄でホテルへ。
地下鉄のチケット、嫁さんが用意しておいてくれた。
ありがたい。

20160919130315bff.jpeg
20160919130315d69.jpeg
20160919130315418.jpeg

さあ着いた。
セントラザール駅へ。

ここでWi-Fiが活躍。

20160918200658aaa.png

無事アンタントリニテホテル到着。

西方見聞録 46 いよいよお別れ

2016.08.11.21:00

20160918183610a2f.jpeg
201609181836108e4.jpeg

ゆっくり朝食をとった後、小雪ちゃんの家へ向かった。

2016091818361020a.jpeg

昨夜一杯飲んだBARである。

20160918183610461.jpeg

ゴミ収集車、イギリスもこの方法で、ゴミ箱をさかさまにして空けていた。
この方が合理的だ。

20160918183610c0d.jpeg

シェフがお土産にくれた種。
食用の花がある。
帰国したら早速播こう。

20160918183610aa2.jpeg

チャンピオンになった翌日の新聞店の見出し広告を記念にもらったようだ。

20160918191444084.jpeg

パテの世界チャンピオンになった英幸に関しての、辻調理学園校長のコメント

2016091819282930e.png

4ページ目の下から10行目から

20160918192829648.png

見せてくれた。


 これで最後、小雪ちゃんとの遊び。

20160918191444d2a.jpeg
20160918191444775.jpeg
20160918191444d09.jpeg
201609181914443f0.jpeg
20160918191444d8c.jpeg

20160918192829bda.jpeg
20160918192829ce7.jpeg
201609181928299ed.jpeg
201609181928295ef.jpeg

20160918194529536.jpeg
20160918194529199.jpeg

おおっ、仲良くなったねえ。

201609181945295e6.jpeg

今度はいつ会えるかな

20161027065248893.png

 名残惜しいのでシャニーの出発時刻を遅らせてもらった。
その間に、パリでホテルへの行き方を案内してくれた。

20160918200658aaa.png

地下鉄を利用してセントラザール駅の方が近い。

image1_20160918205504b02.jpg

右がパリのリヨン駅、駅の反対にあるビルの1階にある朱色でなく赤色のテントの反対側にあるのがCDG空港行きがバス乗り場だ、と教えてもらった。
これで何とか無事に帰国できそうだ。
有難いアドバイスだ。

 カビだらけのソーセージ、こんなのが

20160918200658e02.jpeg

市役所の前で売られている。
これが市役所。
シェフ達のアパートのすぐ隣だ。

20160918200658ea9.jpeg

20160918200658883.jpeg

改札はセルフサービス

2016091821070531d.jpeg

20160918210705e36.jpeg
20160918210705b69.jpeg

小雪ちゃんはお休み中。

20160918210705584.jpeg


プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。