スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定点観察 ソウケン1

2009.05.30.22:09

 田植直後の5月23日に撮った一枚。ここもコシヒカリ。
IMG_1027.jpg
5月30日
ソウケン1
6月2日 個人授業の日
IMG_1086.jpg
6月6日  この4日間の成長は目覚しい
ソウケン1
6月14日
ソウケン1
6月20日
ソウケン1
6月27日 田植後32日目の24日に除草。 今日で除草後4日目。 少し干し気味。
ソウケン1
7月4日 田植後42日目  除草後11日目
ソウケン1
7月11日 田植後49日目  除草後18日目
ソウケン1
7月18日 田植後56日目  除草後25日目
ソウケン1
7月26日 田植後64日目  除草後33日目
ここには、追肥はしませんでした。22日に水を切って田んぼを干すようにしました。
理由は、草がどういうわけかあまり生えていません。
ですから、稲の生育も他の田んぼと比較すると、割合いいのし有機肥料だけと言う当初の目的もあり、比較もしたいから。
ソウケン1
8月1日
ソウケン1
8月9日  8月7日に出穂しています。トミダ1・2より少し遅い。
ソウケン1
8月15日 
ソウケン1
8月22日
ソウケン1
8月29日
ソウケン1



6月6日の苗
ソウケン1-1
6月14日
ソウケン1-1
6月20日 身長23cm
ソウケン1-1
6月27日 田植後32日目の24日に除草。 今日で除草後4日目。 少し干し気味。
ソウケン1-1
7月4日 田植後42日目  除草後11日目
ソウケン1-1
7月11日 田植後49日目  除草後18日目
ソウケン1-1
7月18日 田植後56日目  除草後25日目
ソウケン1-1
7月26日 田植後64日目  除草後33日目
ここには、追肥はしませんでした。22日に田んぼの水を切って干すようにしました。
理由は、草がどういうわけかあまり生えていません。
ですから、稲の生育も他の田んぼと比較すると、割合いいのし有機肥料だけと言う当初の目的もあり、比較もしたいから。
ソウケン1-1
8月1日
ソウケン1-1
8月9日分画像無し  8月7日には出穂している。トミダ1・2より1~2日遅い。

8月15日分画像無し 

8月22日
ソウケン1-1
8月29日
ソウケン1-1







スポンサーサイト

定点観察 トミダ3

2009.05.30.21:57

 ここは、もちみのり。
5月30日。
トミダー3
6月6日  下の田んぼの苗程ではありませんが、大きくなっています。
トミダ3
6月14日
トミダ3
6月20日 
トミダ3
6月27日 まだ除草していません。
トミダ3
7月4日 田植後42日目  除草後4日目(田植後39日目の7月1日に除草)
トミダ3
7月11日 田植後49日目  除草後11日目
トミダ3
7月18日 田植後56日目  除草後18日目
トミダ3
7月26日 田植後64日目  除草後26日目
田んぼを干そうと思っても、なかなか水が引かないので、思い切って明渠を切ってみました。
トミダ3
8月1日
トミダ3
8月9日  追肥を8月4日に10kg/10aしたので効き始めました。出穂は22日辺りか
トミダ3
8月15日 
トミダ3
8月22日 出穂しました。
トミダ3
8月29日
トミダ3






5月30日の苗。
トミダ3-1
トミダ1と2より緑っぽい。
もともと、苗の緑が濃かった。
6月6日 鮮やかな緑色になっていました。
トミダ3-1
6月14日
トミダ3-1
6月20日 身長22cm。
トミダ3-1
6月27日 
トミダ3-1
7月4日 田植後42日目  除草後4日目(田植後39日目の7月1日に除草)
トミダ3-1
7月11日 田植後49日目  除草後11日目
トミダ3-1
7月18日 田植後56日目  除草後18日目
トミダ3-1
7月26日 田植後64日目  除草後26日目
トミダ3-1
7月26日 田植後64日目  除草後26日目
田んぼを干そうと思っても、なかなか水が引かないので、思い切って明渠を切ってみました。
トミダ3-1
8月1日
トミダ3-1
8月9日分画像無し  

8月15日 
トミダ3-1
8月22日
トミダ3-1
8月29日
トミダ3-1


定点観察 トミダ2

2009.05.30.21:41

 これは、田植直後の5月23日。ここもコシヒカリ。
田植機のバックに写っていたのがこの田んぼなので、一枚余分に載せました。。
IMG_1031.jpg
 これは1週間後の5月30日
トミダー2-1


 5月30日コシヒカリの苗の色と、
トミダー2
6月2日個人授業
IMG_1085.jpg
6月6日 たった4日経っただけなのにすごく成長しています。田植からちょうど2週間後です。
トミダ2
6月14日
トミダ2
6月20日
トミダ2
6月27日 田植後30日目の22日に除草。 今日で除草後6日目。 少し干し気味。
トミダ2
7月4日 田植後42日目  除草後13日目
トミダ2
7月11日 田植後49日目  除草後20日目
トミダ2
7月18日 田植後56日目  除草後27日目
トミダ2
7月26日  田植後64日目 除草後35日目
葉っぱの色が濃くならないし、追肥をやるタイミングを逸してしまうので、22日に8kg/10aの追肥をしました。5日目ですがもう葉色が出てきました。
トミダ2
8月1日
トミダ2
8月9日  ここは8月6日には出穂していました。  今花盛りです。
トミダ2
8月15日 
トミダ2
8月22日
トミダ2
8月29日
トミダ2





5月30日の苗そのものです。
トミダ2-1-1
6月6日 この4日間で凄い成長しました。
トミダ2-1
6月14日
トミダ2-1
6月20日 もう根が10cmも延びています。
トミダ2-1
ミニカルチで除草すると、この根が切れるだろうね
6月27日 田植後30日目の22日に除草。 今日で除草後6日目。 少し干し気味。
トミダ2-1
7月4日 田植後42日目  除草後13日目
トミダ2-1
7月11日 田植後49日目  除草後20日目
トミダ2-1
7月18日 田植後56日目  除草後27日目
トミダ2-1
7月26日  田植後64日目 除草後35日目
葉っぱの色が濃くならないし、追肥をやるタイミングを逸してしまうので、22日に8kg/10aの追肥をしました。5日目ですがもう葉色が出てきました。
トミダ2-1
8月1日
トミダ2-1
8月9日分画像無し  8月6日には出穂していて、トミダ1より1日早い。

8月15日 
トミダ2-1
8月22日
トミダ2-1
8月29日
トミダ2-1



定点観察 トミダ1

2009.05.30.21:12

 今年から、有機肥料栽培に切り替えたので、収穫まで同じ田んぼの同じ場所で育つ稲の状況を、観察する事にしました。
1週間おきに写真を撮り、稲の状況を把握したいと思います。
研修でお世話になった先生のアドバイスをもとに、是非とも美味しい米を作りたいと思っています。
5月30日コシヒカリ。
トミダー1

6月6日 黄色から緑色に変わりつつあります。
トミダ1
6月14日
トミダ1
6月20日  18日にミニカルチで除草をしています。
トミダ1
6月27日 田植後35日目 除草後8日目 少し干し気味
トミダ1
7月4日  田植後42日目 除草後15日目
トミダ1
7月11日  田植後49日目 除草後22日目
トミダ1
7月18日  田植後56日目 除草後29日目
トミダ1
7月26日  田植後64日目 除草後37日目
葉っぱの色が濃くならないし、追肥をやるタイミングを逸してしまうので、22日に8kg/10aの追肥をしました。5日目ですがもう葉色が出てきました。
トミダ1
8
8月1日 
トミダ1
8月9日  8月7日には出穂していました。  今花盛り。
トミダ1
8月15日
トミダ1
8月22日
トミダ1
8月29日
トミダ1


5月30日のコシヒカリ苗。
トミダ1-1
田植直後より、苗が黄色くなったと思います。
6月6日トミダ1-1
この一週間でとても緑が濃くなりました。 安心しました。

6月14日 三週間でこんなに草が生えました。ウリカワばかり。
トミダ1-1
6月20日 身長23cmです。
2日前の18日(田植後26日目)に、ミニカルチで除草をしています。
トミダ1-1
6月27日 田植後35日目 除草後8日目
トミダ1-1
7月4日  田植後42日目 除草後15日目
トミダ1-1
7月11日  田植後49日目 除草後22日目
トミダ1-1
7月18日  田植後56日目 除草後29日目
トミダ1-1
7月26日  田植後64日目 除草後37日目
葉っぱの色が濃くならないし、追肥をやるタイミングを逸してしまうので、22日に8kg/10aの追肥をしました。5日目ですがもう葉色が出てきました。
トミダ1-1
8月1日
トミダ1-1
8月9日分画像無し  8月7日には出穂していました。

8月15日
トミダ1-1
8月22日
トミダ1-1
8月29日
トミダ1-1



全体 田んぼ全体の色で肥料が要るのか要らないのか判断したい。
6月27日 田植後35日目 除草後8日目
トミダ1全体
7月4日  田植後42日目 除草後15日目
トミダ1全体
7月11日  田植後49日目 除草後22日目
トミダ1全体
7月18日  田植後56日目 除草後29日目
トミダ1全体
7月26日  田植後64日目 除草後37日目
葉っぱの色が濃くならないし、追肥をやるタイミングを逸してしまうので、22日に8kg/10aの追肥をしました。5日目ですがもう葉色が出てきました。
トミダ1全体
8月1日
トミダ1全体

8月9日分画像無し
8月17日
トミダ1全体
8月22日
トミダ1全体
8月29日
トミダ1全体


前から気になっていた

2009.05.30.21:03

 もう一つの後口。
トミダ3の田んぼは、明渠にザリガニの穴があり、ここ数年その穴を塞ぐのにあれこれ手を尽くしましたがどうにもならず、成り行きに任せる事にしました。
また、今年はそのザリガニの穴から出る以上の水が、上の田んぼから入る様になり、常時もう一つの後口から水を落とさなくてはならない様になりました。

 常時水を落とすと、落とし口がだんだん大きくなるので、写真の様な
トミダー3から2
パイプを設置しました。
これはトミダ3から2の落とし口です。

 トミダ2は水持ちがいい田んぼなので、これまたトミダ1へ落とさなければなりません。
トミダー2から1
昔はこうして、上の田んぼの水を下の田んぼへ送って、同じ水を効率良く、いやいや水だけでなく肥料や泥も効率良く利用していたものです。
それが、耕地整理で各田んぼに蛇口と後口が設けられ、掛け流しの田んぼになりました。
以前と比較すると、相当の水のロスが生じていると思います。
右肩上がりの時代の発想でしょう

メタボの桃太郎ゴールド

2009.05.29.19:48

 3月9日蒔きで、52日後の4月29日に定植。
以後、潅水チューブを北側から南側に変えたりした後、1本から2本仕立てにしました。
第一花房が付いていないときに定植したので、木の向きがバラバラで揃っていません。
これが今の桃太郎ゴールド
メタボゴールド
見てやって下さい。
まるで、トマトジャングル 

 この畝(1m×8m=8㎡)に、トマトを甘くしようと思って2月に粉糠と油粕を1.2kgづつ入れました。
考えだけが甘かった  

        窒素      燐酸     加里
油粕     5.0      2.0     1.0
粉糠     2.3      5.0     1.1
なので、窒素が多過ぎた
油粕が悪かったんでしょう。
水は極力控えていますが、隣のハウス桃太郎の三分の一の時間で1分。
しかも、4日に1度位です。
それでもまだ、水のやり過ぎなんですね~

その後の里芋

2009.05.28.21:38

 里芋の草掻きにに行って来ました。
今日で、植え付けしてから53日目です。
芽が虫か何かにやられいいるのが、けっこうありました。
植え付けの時に防除は必要かな
里芋の芽
写真は取ったけれど、これが正常か、虫にやられた後なのか、判別が出来ない
よく見ると、異常な所が無いから、正常なのかも。
それにしてもスローペースですね。

 よく見るとこの土、灰色をしていて、火山灰土なんですね。
普段、水分がある時は、黒い色をしていますが、乾くと灰色なんですよ。
土壌のPHを測定した時に初めて知りました。
御岳さんの火山灰なんでしょうね。


マイ夏秋ナス定植  パートⅡ

2009.05.28.21:07

 今日は水ナス16本と、庄屋大長2本を昨日と同じく、アクタラ1gを植穴処理してから、75cm間隔で植えました。
夏秋ナスの水ナス
ポットが10.5cmなので苗が肥料切れで一番下の葉が黄色なってしまいました。
さて、支柱はいつになるかな

次回の営農支援学習会
6月9日(火)午前9時から   研修内容 主枝決定・誘引・摘葉  雨天決行

スイカに敷藁

2009.05.28.20:56

 三本仕立てにして、行灯にしたスイカを、今日行灯を取り払い、ツルを延ばしながら藁を敷きました。
スイカの敷藁
連作だから、チョット心配

トマトはもう20年位連作でも何とも無いから、その事を思えば問題無い
でも、ニンジンの例もあるし~

オープンカフェ!

2009.05.28.11:30

 昨日は朝7時から、今朝は8時から、友人がこのオープンカフェへ来てくれて、文字通りのモーニングを楽しみました。
オープンカフェ

 昨日の話のツマミは、蜜蜂とトマトのツル下ろし、今朝は紫芋ヅルとツタンカーメンのエンドウです。
顔が違う様に、経験も千差万別。
また、食生活も万差億別、いろいろな話が聞けて、居ながらにしてとても充実したひとときです。
これが私の思う交流農業です。
ツタンカーメンえんどう?
 戴いたツタンカーメンエンドウは実エンドウなので、枝豆を食べるように茹でて食べたり、実を取り出して御飯に炊き込んだりして食べる様です。
私は初めて見ました

 有難う御座いました

 タイトルの「オープンカフェ」、外国ではよく見掛けますが、日本にはあまり無いようです。
理由は、雨だろうと思います。
テーブルが石なら朽ちる心配はいりません。
家の中に入るとなると、日本人は自然と気を使う様ですが、外なら気軽に腰掛けて話も出来ます。
日本独特の「見る庭」より「使う庭」の方が、私は多くの人と楽しむ事が出来ると思います。
同じコーヒーを飲むのでも、外で飲むと美味しく感じます。

 また、このスペースは一番奥にある為、玄関先に来ただけではわかりません。
家族の間では、この場所を名付けて「ガーデン」と言い、このガーデンを気に入った友人がいて、週に一度位気軽に立ち寄ってくれて、世間話に花が咲く場所でもあります。
ご近所さんもあまり知らない、こっそりと楽しむ、私の取って置きの応接間なんです。

 えびす農園のブログの愛読者の方、時間がありましたらお立ち寄り下さい
プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。