スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニールハウスの二重化 ①

2010.10.31.22:09

 刻々と寒くなってくる。
トマトを長生きさせるには暖かくするより他無い。
でも灯油はあまり使いたくない。
そうなると効果のありそうなのは、ハウスの二重化だろう。
情報を集めた。
わかった事。

① 天井部分でビニールが二枚くっつくと、熱で黒く焼けてしまってボロボロになる。
② 換気を良くしないといけない。
③ 既存のハウスは年代物だから、なぶったらもう使えなくなる。

以上の事から
これ位間を空けて二重にする事にする。
IMG_7222.jpg

ポイントはジョイント部分のここ。
20cmづつのパイプを両脇に足して長くした。
でないと、ジョイント部分が今の屋根のジョイントと接触する位まで近づくから。
IMG_7221.jpg
作業は最低気温が12度位の11月6・7日辺りで行う。

早速、材料を集め出す。
ジョイント46本。
パッカー150個。
IMG_7223.jpg
その他、直径19mm×20cmのパイプ46本。
6m×16mの農ビ一枚。
5.4m×15mの農ビ一枚。
パイプ止め 120本
骨パイプ 46本
直間パイプ 5.5m×10本

 以上で見積予算 約7万円也。
これだけ投資して、どれだけ収穫出来るか



スポンサーサイト

tag : ビニールハウスの二重化

とれったの帰りに

2010.10.30.14:10

 台風14号が接近している。
嵐の前の静けさなのか、そんな気配が無い。
パーソナル天気予報でも、風速のところは2~3mで、強風ではなかった。
そんな中、トマトと最後の夏秋ナスの出荷をした。

帰り道に雨も降っていたので、英語の先生とをした。

 フランスにいる息子が、一ヶ月ほど前に車を買ったと連絡してきた。
10月13~19日までイタリアへ車で行っても食べ歩きと洒落込んだらしい。
途中で、私の友人でニースに住んでいるリンダとエミルの所へも寄る予定のようだった。

実際に立ち寄ったらしいが、もう既にイギリスへ引越しした直後だったみたい。

 ちょうどその時に、一通のメールが届いていた。
リンダからの引越し道中記である。

Bareと言う所への引越しだったようだ。
イギリスの親しい友人数人に送ったメールなのだろう、手掛かりはBareとLancasterだけ。
そこで、Bare England とグーグルマップに入れて検索した。
湖水地方Windermereの近くをランドマークが示していた

確認のメールを返信した。

そして、帰ってきたのが次のメールである。

Hello there to you all!

I am thinking of you...it was such a pity that we missed Hideyuki in France, but we moved on the 4th october back to the Uk!
it is a long story, but basically my dear dad passed away last year and my brother and I inherited his house in Bare which is about 45mins away from Windermere and the Lake District.
After more than 4 years in france, I was ready for a change, and so I decided to buy my brother's share of the house he was very happy as he lives near London, and needed the money as he has just had his first child, a little girl).
So now the house is entirely mine...it is lovely...detached with a garage and garden and lots of space, and only 5 minutes walk from the sea front of morecambe bay.
The towns of Morecambe and Lancaster are both very close.


At the moment I am taking some time off teaching while I sort out the house, see friends and family etc, but I will probably start some supply work after christmas.


You, or any of your family would be more than welcome here, as we have lots of room at last!!!
Our address 9 Queens Drive, Bare, Lancashire LA4 6LN


My fondest wishes to you and the family as always,


Lynda and emil xxx

IMG_7220.jpg

メールを読んでもらって、いろんな経験談を・・・
英語力のメンテナンスの時でもある。

農耕社会の日本人の感覚では、欧米の狩猟社会の人の行動があまりよく理解出来ない。
でも、あんな風に引越しが何度も出来たらいいなあ、と思う気持ちは心のどこかにある。

 彼らの住んでいるBareと言う所は、湖水地方のすぐ近く。
いつかは行きたいと思っている所でもある

tag : 湖水地方 Windermere

後片付け

2010.10.29.23:37

 モチミノリと黒米をハザ掛けした。

そのハザを壊して、片付けた。

使ったハザ杭が60本。

IMG_7219.jpg

よく腐らずに長持ちしてくれている 

tag : ハザ杭

菊芋の初収穫

2010.10.29.23:31

 夏秋ナスの周りにソルゴーが植えてあります。
南側のソルゴーの南に1列菊芋を植えました。
それこそ、植えただけで、消毒も肥料も何もやっていません。

IMG_7209.jpg

何と色白。
IMG_7210.jpg

掘ってすぐに洗うと、とってもきれいになります。
これで3株分。
右端の3個が、最初に植えた種芋のサイズ。
それが、左側の量にまで増えます。
IMG_7211.jpg
食べるとシャキシャキ。
味は、ジャガ芋とゴボウの味。

これをとれったひろばへレシピを付けて出す予定。


tag : 菊芋

むすぶ農園さんの来園

2010.10.29.23:19

 たまたま近くまでむすぶ農園さんがみえた。
「時間があったら寄って下さい」とメールをした。

11時少し前にみえた。
早速、ビニールハウスへ。

教えていただいた事。

① 潅水は地温と水温が同じ温度になった時(11時頃か)
② 6段果は取って、木を休ませると7段目から蘇えった玉が出来る。
IMG_7213.jpg

③ 玉出しの術。
IMG_7216.jpg
玉が葉っぱで隠れてお日様に当らない。
葉っぱをハサミでチョッキン。
日が当る様にすると、早く色付くし、糖度も上がると言ってみえました。

この後、アスパラのお姉さんにも声を掛けて、コーヒータイム

IMG_7214.jpg

④ ビニールハウスの二重化について、パイプを継ぎ足す案を頂いた。

これで、ビニールとビニールの間が20cm位の隙間が出来て、保温も出来るので、ひょっとすると寒の内もストーブだけで耐えられるかも知れないよと言ってみえた。

これで、何とか正月に自家製トマトが食べられそう 

その前に、二重化が大変そう 



tag : ビニールハウスの二重化

トマトの糖度

2010.10.27.20:05

 今日のトマトは、前回出荷時より更に完熟。

糖度を計った。

IMG_7199.jpg

歌い文句の糖度7~8度にまでは届かない。

こちらは前回取ったフルティカ。
その時は6.2度だった。

IMG_7200.jpg

収穫後、色が良くなるのは勿論だが、少し糖度は上がるようだ。

お寺の草刈

2010.10.27.19:45

 今朝8時より、お寺の草刈をした。

とれったひろばから帰って来てなので、ちょっときつかった。
今年二回目。

IMG_7203.jpg
IMG_7204.jpg
IMG_7202.jpg

木立の中とか、溝の中、急斜面、やりにくい所は私の仕事みたい。

完全武装(保護めがねをかけて顔面マスクをつけている人)は半数。
多数で刈る時は、互いの間隔も考えて。
怪我があってはならない。

いろいろな草刈機があり、一服の時は草刈機の展示会のよう。


友人の訪問

2010.10.26.23:08

 「ちょっと時間が出来たから、お邪魔していいですか」と電話が入った。

彼が持って来てくれたのがこの本。
それは、お母さんの俳句集でした。

IMG_7191.jpg

 お母さんは大正10年生まれで、今体調が良くないという。
それを気遣って、昭和50年頃から始められた俳句を100首以上抜粋しての編集だそうな。
約半年もかかったと・・・
日本全国を飛び回る仕事をしながらなので、感動しました 
なかなか出来ることではありません。

 彼は、既に自分の句集だけでも数冊発行されています。
よくそんな時間が・・・と思うのですが
時間のやりくりが上手なんでしょう、見習いたい。

冬支度 ②

2010.10.26.22:47

 昨日は通路にしっかり切り藁を敷いた。
今日は、畝の上に黒マルチをかけた。
そして、家内が1年間飲んだこのペットボトルに水を入れ

IMG_7190.jpg

ハウスの中の日当たりのいい所におくつもり。

今現在置いてあるペットボトルの水温を計ったら、39℃あった 
かなり蓄熱出来ている。
今回は、ペットボトルの下に黒い紙を敷く事にした。
その方がより蓄熱出来ると考えたから。

IMG_7192.jpg

IMG_7193.jpg

午後10時現在、外気温は10℃、畝の地温は18.5℃。
IMG_7194.jpg

マルチ押さえもペットボトル。
IMG_7195.jpg

麗容はまだ色付かない。
IMG_7197.jpg
 
あとは二重トンネル化。

冬支度 ①

2010.10.25.21:24

 昨日、藁を運び込んだビニールハウスで、その藁を押切で細かく切った。
お昼頃に友人が来宅。
フルティカを試食してもらった。
「普通のトマトと変らんやないか」と言ってくれた。
「採り立てでその味や~」
「結構、甘い」そう言った。

IMG_7189.jpg

 三時頃にも別の友人が来宅。
ハウスに入って来るやら、彼にも試食をしてもらった。
「こんならいい」そう言ってくれた。
「やっぱり、子供が喜んで食べなあかんでなあ」とも。
「もうちょっと時間が経てば、もっと甘くなるかも知れんなあ」と私。
「俺も作ろかなあ~」

 暗がりで、左側の畝だけ黒マルチをかけたが、いつまで収穫出来るかそれが問題。
明日は午後から12月中旬の寒さになるみたい。
どうしても明日の午前中には残りの黒マルチと、トンネルの二重化をしたい。

 早速、試練が待っている。
夕方の畝の地温20℃、外気温19℃。


 ここまでフルティカを育てて来て、来年の為にその特長やら育て方のポイントをタキイの野菜最前線から書き込みました。

極高糖度!葉かび病耐病性をもつ中玉トマト

●中玉で高糖度
糖度が7~8度で果重は40~50g。同じくらいの果重になる品種の中で糖度は最高レベル。果肉は滑らかで弾力性があり、食感のよい品種。果皮は薄くて口に残りにくく、ゼリーの飛び出しが少ない。

●裂果が少ない
弾力性のある果肉の特性から、昼夜温の差が大きい春や秋でも裂果が少ない。

●栽培特性
オールシーズン栽培可能。初期の草勢はやや強いので、過繁茂にして異常主茎が発生しないよう注意する。ただし、着果負担がかかり始める4段開花および冬季には草勢が落ちやすいので早めの追肥が必要。熟期は早生で、葉は中大葉。

●耐病性
耐病性はトマトモザイクウイルス(Tm-2a)、葉かび病(Cf9)、斑点病(LS)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性をもつ。長期栽培にはTm-2a型台木との接ぎ木が基本。

●元肥
元肥の10a当たりチッソ成分量は、夏秋栽培で5~10kg、抑制栽培で0~5kg、半促成・促成栽培では10~15kgを基準とし、初期草勢を抑えて異常主茎の発生を防ぐことがポイント。

●草勢管理
1段目は確実に着果させ初期草勢を抑えた後、4段開花からの追肥を徹底する。また冬季に花数が多くなると草勢の回復が遅れるため、特に12月~1月は6~8果(花)を残して摘果を行い草勢維持に努める。

tag : フルティカ

プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。