トマトの成績

2016.09.30.22:19

トマトの5月の成績

       出荷袋数    栽培本数  1株当り袋数
25年    108袋     336株    0.32袋
26年    120袋     684株    0.18袋
28年    109袋     715株    0.15袋

トマトの6月の成績
       出荷袋数    栽培本数  1株当り袋数
24年    230袋     240株    0.96袋
25年    689袋     336株    2.05袋
26年   1430袋     684株    2.09袋
27年    832袋     680株    1.22袋
28年   1533袋     715株    2.14袋

トマトの7月の成績

       出荷袋数    栽培本数  1株当り袋数
24年    836袋     240株     3.48袋
25年    764袋     336株     2.27袋
26年   2201袋     684株     3.21袋
27年   2037袋     680株     3.00袋
28年   2102袋     715株     2.94袋

トマトの8月の成績

       出荷袋数    栽培本数  1株当り袋数
24年    578袋     240株     2.41袋
25年    723袋     336株     2.15袋
26年   1163袋     684株     1.70袋
27年    874袋     680株     1.29袋
28年   1626袋     715株     2.27袋

トマトの9月の成績      (1袋500gとして計算)

    出荷袋数   栽培本数 1株当り袋数   収穫量
24年  257袋    240株   1.07袋  128.5kg
25年  236袋    336株   0.70袋  118.0kg
26年  518袋    684株   0.76袋  259.0kg
27年  518袋    680株   0.76袋  259.0kg
28年 1063袋    715株   1.49袋  531.5kg


9月末までの」収穫量を10a当りに換算

24年    6702kg/10a
25年    9251kg/10a(前年比138%)
26年   10690kg/10a(前年比116%)
27年    8348kg/10a(前年比 78%)
28年   12512kg/10a(前年比150%)

9月末で昨年より重量で50%増

西方見聞録 53 20年前のベルギー滞在 ナザレス・ブルージュ編

2016.09.29.23:20

20160930211359a38.jpg

イギリス(240V)とベルギー(380V)はノロノロ運転だったが、フランス(220V)内では300km/hを出した。
電圧の差がネックの様だ。
が、今は解消されている。
ブリュッセル中央駅に着いた。
Waterlooを出てから2時間半の旅。
アニーとポールが迎えに来てくれていた。

201609292348293c6.jpg

有名な小便小僧の前で記念撮影。

小便小僧の誕生には諸説ありますが、有名な説が悪童ジュリアンが爆弾の導火線に小便をかけて消し、町を救ったという伝説からの由来というもの。
悪童と呼ばれるほどのいたずらっ子でありながら、町を救った英雄であるジュリアン少年。
この像も「ジュリアン坊や」という愛称で市民から親しまれています。
この小便小僧は初代ではありません。
小便小僧は過去に幾度と無く盗難の被害にあっており、現在のこの像は、彫刻家ジェローム・デュケノワ(Jerome Duquesnoy)により 1619年作に製作されたブロンズ製のもの。
1619年生まれということで「ブリュッセルの最長老市民」と言われています。

20160929234829670.jpg

素晴らしい家。
写真の反対側に庭があり、リンゴの木が7本あって150kg収穫したと言う。
ゴマスリの人を英語ではApple polisherと言うから、それだけ一般の家で栽培が出来ると言う事なのだろう。

2016092923482914a.jpg

夕食はローストビーフ、「狂牛病の心配はないよ」と言ってくれた。

20160930211359b1e.jpg
20160930093949c12.jpg

このkwak(アルコール分6°)と言うビール1.2㍑、飲む前に靴を片方預けなければならない。
もし、飲めなかったらその片方は店が没収する。
なので必死に飲んだ。
この店は世界的に有名な店である。

翌日、御主人のジョスがまずブルージュへ連れて行ってくれた。

20160929234829e92.jpg

このブルージュ、海岸から10kmも離れてしまった。
栄えた当初は港で、運河がいっぱいあった。
それが今では、堰き止められた川の様になっている。
つまり、土地がそれだけ隆起したと言う事である。
日本はその反対で沈没しているのである。
そのいい例が、リアス式海岸は土地が沈没。

その運河を利用した舟で町廻りが出来る。

20160930231947ea6.jpg

何回でも乗りたくなる。

201609292348298da.jpg

この教会の鐘楼からの眺めは素晴らしい。

201609302319477d5.jpg

ブルージュは素晴らしい

201609300939498a7.jpg

こちらはゲント、ブルージュよりも更にお金持ちの街らしい。

201609300939490f1.jpg

 この国際列車でドイツのケルンへ向かう。
ゲント→ケルン 片道一人1070BF(ベルギーフラン)日本円で3745円と記録している。
途中国境を境で乗務員が変わった。
3時間半の列車の旅、それが30分遅れた。

20160930211359a8e.jpg

 イギリスでもそうだったが、落書きが芸術的。
誰がいつ書いたんだろう?と思う。
今も変わらないし、それが文化なのだろう。

2016092923482960d.jpg

ケルンのホテルで一泊し、翌日9時にレンタカーを借りて、ドイツに8日間滞在予定。

こんな方が

2016.09.29.22:50

 今日、こんなお忙しい方がレストランへおみえになった。
日本のレアメタル業界の重鎮(左)である。

40年位前、商社マンの時に一度お会いした事あり。
今ではハイブリッド車を初めとして色々な分野に使われているレアメタルの専門商社の社長である。
お帰りになる時に少しだけ話す機会があり

2016-09-29 こんな方が 002

「人生、サプライズが大事ですよ」と言ってみえた。

この人ならではの言葉なのだろう。

2016-09-29 こんな方が 003

待てよ、うちのレストランの褒め言葉かも

これから東京のご自宅へお帰りの様だ。

遠路、有難う御座います。

明日から、ベトナム・マレーシアへ旅立ちだとか。

お体に気を付けて・・・


西方見聞録 52 20年前のイギリス滞在 イートン編

2016.09.29.14:08

201609291223083dc.jpeg

日本の様に電線が全く見られず、草むらには野兎が飛び跳ねていて、景色が自然そのものの様な感じで、文化が違うとこんなに違うのかと思ったものである。

20160929122308ac5.jpeg

20160926210051ede.jpeg

翌日の4月29日、ウインザー城の通りでEmil & Lyndaに出会い(私達は初対面、この時Lyndaさんに日本へ来た時に我が家でのホームステイを約束した)4人と1匹でパブに入った。
最初は中庭で

20160929122308ca5.jpeg

寒くなったのか、店内へ入ってあまり飲めない私も珍しく飲んだ。
Tessと言う犬がいたがおとなしいのにはびっくりした。
日本で飲み屋へ犬を連れて入ったら何と言われるか?
狩猟民族の国は違う。

20160929122308ba0.jpeg

201609291223086eb.jpeg

2016092912230873e.jpeg

飲み過ぎてこの後の事は覚えていない。

翌早朝、一人で玄関から外へ出て散歩をした時に、元気のいい新聞配達の少年に会った。
戻ろうとしたら、出たあと自動ロックで入れず、ビックリした。
セキュリティはしっかりしていると思った。

2016092914343364b.jpeg

この子が、「フットボールをしよう」といってくれたMadeleineである。

image2 (3)


Dachet駅からWaterloo駅へ

20160926210051bae.png
20160929143433242.jpeg

そしてユーロスターでブリュッセルへ

20160929143433cfe.jpeg

20160929143433504.jpeg

この時は為替が高かった事もあるが、ブリュッセルまで一等二人で55000位だった。

また、ドーバー海峡のど真ん中で、電圧を切り替える為に停まったのにはびっくりした。


西方見聞録 51 20年前のイギリス滞在 ロンドン編

2016.09.29.13:25

 今回イギリスで20年ぶりに会った友人の、20年前の写真がいっぱい出て来て、西方見聞録に追加してアップする事にした。

 左の方と日本で日本で知り合い、イギリスからヨーロッパを回る計画を自分で立てた。
1996年4月25日に名古屋を飛び立ち5月9日帰国の日程だったと記憶している。
「行くなら今しかない」息子は学校を休ませての大冒険の旅であった。
なにせ初めての海外旅行で、しかも半月で息子と二人。
心細かったので、この方のヒースロー空港でのお出迎えは大変嬉しかった。

20160926210051877.jpeg

この時ではなかったけれど、1日乗車券を買って乗った地下鉄では、乗客がいっぱいいる中、黒人が大きな声で「・・・・・・」と叫んでいたが、周囲の白人は知らん顔していたのが強烈に思い出される。

20160926210051327.jpeg

最初に泊まったのは、迎えに来て頂いた方が間借りしてみえた家にホームステイをさせてもらった。
その後このご夫妻、6週間の休みを取って日本に見え、奥さんの実家が北海道だったので日本を縦断される途中で我が家で答礼のホームステイをして戴いた。
この時、欧米の人が「休みの為に働く」ようなものと言っていたのが本当なんだと理解した。
中央の方の旦那さんは地下鉄の運転手だったので、多分その方の運転する電車に乗った事もあっただろう。

近くのサンズベリーと言うスーパーへ買い物に行った。
裏に運河があって岸壁もきれいに整備されている。

20160929135041840.jpeg

イギリスはこういった運河が網の目の様にあるんだ、と教えてくれた。
舟もいい舟で、乗りたくなる。

私達も二人で、地下鉄を使ってあちこちへ

2016092913504101c.jpeg

多分ここはバーガーキング。
当時狂牛病が流行っていたが、私は記念にとここでハンバーグを食べた記憶がある。
息子は鶏だった。

20160929135041c64.jpeg

ロンドンらしい写真である。

2016092913504107b.jpeg
20160929135041506.jpeg


そしてこの家へクリスが迎えに来てくれた。

20160929135041233.jpeg

そして皆で食事を。

20160926210051a53.jpeg

風呂・トイレ・洗面所が8畳間より広い位で驚いた。
室内の壁は自分で張ったと言っていたが、凄いキレイで100年以上経っている家とは思えない。

20160926210051276.jpeg

一番奥には、庭があって、いわゆるイングリッシュガーデンだ。

ロンドンで2泊だったと思うが、その後クリスの家へ。



あるところへ

2016.09.26.21:10

今年もあるところへお米を持っていった。

20161025214439ac5.jpg

中学二年生になったこの子、身長と体重が私と全く同じ。
あまりの成長にびっくりした

帰り道、近くの豆腐屋さんと道の駅の野菜直売所に立ち寄る。
そして最後は

2016102521443992d.jpg

ついつい長良川沿いのこの店に入ってみた。
焼き方が上手いと家内が言っていた。

ネギの土寄せ

2016.09.15.21:45

2016-09-15 ネギの土寄せ 002

NK化成2号3kgを追肥してから土寄せをした。

 10月13日にNK2号を3kg散布してから

2016-10-13 ネギの土寄せ 001

土寄せをした。

2016-10-13 ネギの土寄せ 002



トマトの身長

2016.09.15.20:50

2016-09-15 ネギの土寄せ 001

根元より5m20cm。
段数は20段。
芯を止めた。

あと一ヶ月でトマト栽培終了か?

米の収穫

2016.09.09.21:13

 9月8日のソウケンの田んぼ。

草刈前。

2016-09-08 刈取前 001
2016-09-08 刈取前 002

ようやく草刈完了。

2016-09-08 刈取前 003

翌日9日に刈ってくれた様だ。

ソウケン

2016-09-10 刈取後 002

こちらがトミダ

2016-09-10 刈取後 001

藁が例年より多い様に思う。

そして11日に引き取り

2016-09-11 米の収穫 001
2016-09-11 米の収穫 002

今年から栽培方法を少し変えた。結果、反収が記録更新。
食味はまずまず。
合計1723kg。
昨年より10袋多かった。

来年も同じ様にいけるかどうか、再度今年と同じ方法で再現。

昨年より刈取りが3日早かったが、青の量はあまり変わらず。

トウモロコシの間引き

2016.09.05.21:09

2016-09-05 トウモロコシの間引き 005

ハサミで2本生えているのは1本にした。

そしてNK化成2号を5kg追肥した。

古い種は生えが悪い。
プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード