スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再播種

2015.08.29.21:04

 8月18日に播いた種の内、アイスプラントとキューリが生えなかった。

もう一度播いた。

ついでにロマネスコも。

再播種 001

アイスプラントは、

種から育てる場合

まき時適期

•露地栽培の場合 :4月~5月中旬頃、8月下旬~9月下旬頃 
•ハウス栽培の場合:8月下旬~5月下旬頃

栽培方法・注意点

•発芽適温15℃~20℃
•種が非常に小さいので、覆土は種子が隠れる程度に薄く掛け、深蒔きにしない方が良い。
また、播種直後の水やりは霧吹き等を利用して優しくかけて下さい。
•育苗箱に2~3㎝で筋播き、本葉3~4枚で育苗ポットに。
本葉5~6枚になったら定植します(株間は25~30㎝に)※根が弱いので、移植する時は優しく取り扱って下さい。
•用土は特に選びませんが、通気性・保水性が良い用土が望ましく、草花の培養土に鹿沼土などを混ぜたものを使用すると良い。
•日当りが良く、乾燥気味で排水の良い環境を好みます。
•過湿に弱いので水のやり過ぎに注意。表面が乾いたらたっぷりとあげて下さい。
•栽培適温は5℃~25℃、耐寒温度はマイナス2℃ほどありますが生育は緩慢になります。また、日中30度を越える日が長く続くと下葉の枯れ上がりや老化が早まります。

苗から育てる場合

植え付け
秋は温度がまだ高いので10月中旬からの植え付けをオススメします。


水はけのよい、市販の培養土でOKです。

置き場所
日なた

水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

追肥
肥料切れのないように、1~2ヶ月に1回程度、1株に対してIB化成を3粒程度、施してください。

収穫
11月下旬~12月頃から。アイスプラントはわき芽が放射線状に広がっていきます(直径50cm程)。やわらかい部分を収穫してください。
アイスプラントは日当たりがよく、乾燥気味で排水のよい環境を好みます。

高温期の過湿には注意が必要です。雨の日など移動できるプランターなどの鉢植えでの栽培をおすすめします


comment

Secret

プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。