スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マコモダケ

2015.10.14.20:01

町内のある人が、マコモダケを持って来て下さった。

レシピも付けてである。

まこもたけ 008

まこもたけ 009
まこもたけ 010

まず天ぷらか

マコモダケをウイキペディアで調べた。

マコモ(Zizania latifolia、真菰)は、イネ科マコモ属の多年草。別名ハナガツミ。

特徴

東アジアや東南アジアに分布しており、日本では全国に見られる。
水辺に群生し、沼や河川、湖などに生育。
また食用にも利用される。成長すると大型になり、人の背くらいになる。花期は夏から秋で、雌花は黄緑色、雄花は紫色。葉脈は平行。

栽培と利用

マコモダケ。緑色の葉鞘を何枚か剥ぎとっていくと、中から真っ白な可食部分が現れる。

マコモダケ(下記参照)として食用されるほか、日本では、マコモダケから採取した黒穂菌の胞子をマコモズミと呼び、お歯黒、眉墨、漆器の顔料などに用いられてきた。

マコモダケ

黒穂菌(英語版)(くろぼきん)の一種 Ustilago esculenta に寄生されて肥大した新芽はマコモダケ(真菰筍、茭白。マコモタケとも)と呼ばれる食材で、古くは万葉集に登場する。
中国、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジアなどのアジア各国でも食用や薬用とされる。

たけのこを優しくしたような適度の食感と、ほのかな甘味、ヤングコーンのような香りがある。
くせがなく、さっと茹でたり、グリル焼き、炒めものにも向いているほか、新鮮なものは生食してもおいしい。
細かく刻んで餃子、ハンバーグ、チャーハンなどに用いることもできる。

収穫は秋で、新芽の根元がじゅうぶんに肥大したらすぐに収穫する。
収穫が遅れると、組織内に真っ黒な胞子が混じるようになり、食感・食味も落ちて、商品価値は失われる。

石川県河北郡津幡町は町の特産品としてマコモの栽培に力を入れている。

comment

Secret

プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。