スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスプレゼント

2015.12.24.21:43

 昼過ぎに、家内がちょっと膨らんだ封書を持って来てくれた。
開けて見ると、野菜の種が同封されている。

植物検疫済 003

サンタクロースの国に住んでいる方が、プレゼントを持って日本へ来てみえる様だ。
今回、滞在日数が限られているので、直接と言う訳にはいかなくなったと書いてある。

その種とは、

クリスマスプレゼント 001
クリスマスプレゼント 003

いずれもウイキペディアで調べてみた。

リーキ

ネギと同じ属(ネギ属)に属する。ネギのように円筒形の白い部分を食用とする。ネギよりは太くて重く、下仁田ネギに似る。
ネギと違い、葉は硬く平らにつぶれている。栽培法は根深ネギとほぼ同様であり種子によって繁殖する。
近縁種のジャンボニンニクは栄養繁殖によって増える。

春まきの品種と秋まき(越冬型)の品種とがある。
一般的に越冬型の方が香りが強い。
根深ネギと同様に軟白化した部分を煮込み、スープ、サラダなどに利用する。
緑色の部分も若く柔らかい物はニラの様に利用される。

フランスではそれぞれの季節に適した品種があり通年で手に入るが、最も流通が増えるのは冬である。
ねっとりとした食感と上品な風味を活かしたポタージュや蒸し煮、オーブンを使った料理になどに使われる。
また、ジャガイモやパースニップとの相性が良く、香味野菜としても利用される。

日本への輸入はベルギーやオランダなどのヨーロッパ産もしくはオーストラリアやニュージーランドのオセアニア産がほとんどであり、日本での生産量は非常に少なく、わずかに特産品づくりとしての試験的な生産が試みられており、希少な国産品として大田市場や帝国ホテルに高値で卸されている。

パースニップ(Parsnip、学名:Pastinaca sativa)は、セリ科の二年草(まれに一年草)。
ニンジンに似た根菜で、別名にアメリカボウフウ、シロニンジン、サトウニンジン。ヨーロッパ原産。

特徴

ニンジンのような肉質の白い主根を食用とする。ニンジンに似た香気があり、味は淡白で甘みとわずかな苦味がある。煮崩れしないため、ポトフやシチュー、ボルシチなどの煮込み料理に適している。
葉や茎の汁はフラノクマリンを含むため光線過敏を引き起こす。このため取り扱いには注意が必要である。

クリスマスプレゼント 002
クリスマスプレゼント 004

キクゴボウ、西洋黒ゴボウなどと呼ばれることもある。
キバナバラモンジンという名前はバラモンジン属のバラモンジン(Tragopogon porrifolius)と共通するが、別属である。
また食用・薬用の根はゴボウと外見は似ているが別属であり、味も異なる。

特徴

花弁は黄色で、放射花である。根は直根性で長さ2メートル位まで成長する。
直径は約2センチメートルほど。皮は黒く、中身は白い。

南ヨーロッパ、近東など地中海沿岸が原産で、学名にあるようにスペインまで分布しているとみなされているが、西洋で初めてスコルツォネラを記録したレオンハルト・ルドルフは、1575年にシリアのアレッポの市場で発見した。

属名のスコルツォネラという名前は、古フランス語で蛇、毒蛇を意味するscorzonという言葉や、イタリア語で黒い皮を意味する"scorza negra"に由来するとされる。

薬用、食用根菜としてヨーロッパでは利用されている。ケルト人やゲルマン人は16世紀頃まで人獣共通感染症や蛇の毒を中和すると考えていたため、薬用として利用されていた。イタリア、フランスなどで1660年までには栽培されるようになり、後にベルギーなどにも広がった。
19世紀にはオランダで「白アスパラガス」とも呼ばれていた。

栄養値が高く、プロテイン、脂肪、アスパラギン、コリン、カリウム、リン、鉄分、ナトリウム、ビタミンA・B1・E・C、イヌリン配糖体などを含む。
料理の際は、豆や人参などとともに調理され、アスパラガスのようにホワイトソースやマスタードソースなどをかけて食べる。

現在、本種は、ベルギー、フランス、オランダ、ドイツなどで栽培されている。
種苗業での栽培品種としては、ドイツのHoffmanns Schwarzer Pfahlや、Scorzonera Duplexなどが有名である。

フダンソウ(不断草、恭菜[1]、フダンナ、唐萵苣[2]、スイスチャード Beta vulgaris var. cicla (L.) K.Koch)は、アカザ科フダンソウ属の耐寒性一年草-二年草。葉菜として改良されたビートの一系統(リーフビート)。
甜菜やテーブルビートとは同種。サラダや炒め物で美味しい。
ホウレンソウに似ているが比較的季節に関係なく利用できるので「不断草」とよばれる。「恭菜」という表記もある。

葉はホウレンソウとおなじように、おひたしや和物に利用される。太い葉柄は煮たり炒めたりして食べられる。

レッドチャード
欧米ではレッドチャードの若葉がラムズレタスなどといっしょにサラダとしてよく使われる。

沖縄県では「ンスナバー」と呼ばれ、「スーネー」または「ウサチ」という和え物や「ンブシー」という味噌煮に仕立てる。
沖縄では冬野菜として利用される。
他にも様々な地域名があり、岡山県ではアマナ、長野県ではトキシラズやキシャナ、兵庫県ではシロナ、京都府ではタウヂサ、大阪府ではウマイナ、島根県ではオホバコヂサと呼ばれる。

セイヨウフダンソウは葉軸の色が赤・黄・白・ピンク・オレンジなど。
スイスチャードの名前で種苗店で販売される。

 貴重な種を有難う御座いました
色々挑戦してみたいと思います。


comment

Secret

No title

2015.12.25.20:35

リーキはかなり前から作っています。
葉がかなり長くなり土寄せに手間がかかりますよ。
人参は白、黄色、紫、黒と作りましたが、人参特有の香りが強くでます。
レストランでは付け合わせに良いみたいですよ。

☆明日香じいじさんへ☆

2015.12.28.20:54

手間のかかるものはパスしています。
でもレストランではジャンボにんにくが好評の様でした。
来年は、カラフルなにんじんを作ろうと思います。
プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。