西方見聞録 29 ラムロワーズのアペリティフ

2016.08.08.21:12

 アペリティフとは

食前酒という意のフランス語。
食後酒のことはディジェスティフ(Digestif)といいます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/03 00:37 UTC 版)

(アペリティフ から転送)

食前酒(しょくぜんしゅ)とは、食事の前に飲む酒のこと。
フランス語からアペリティフ(Apéritif)ともいう。ラテン語の「aperire(開く)」を語源とする。
18世紀の後半にイタリアのトリノから始まったもので、食欲を増進させたり、出席者の会話を弾ませるきっかけに飲む酒をいう。
飲む場の性格からして、その後の食事の邪魔にならぬよう、少量の酒を1、2杯程度飲む。
欧米では、ショートカクテルやシェリー酒など、かなり強めの酒を(特に男性は)飲むことが多いが、日本では、白ワインなどをベースにした軽いカクテルが用いられることが多く、アルコール度数が高いものは用いられることはない。

日本における普及

フランス料理を嗜む機会の少ない日本の若者に、食前酒の存在を広く紹介したのは、1983年に出版された「見栄講座」(ホイチョイ・プロダクションズ著)である。
著書では、フランス料理店で見栄を張るための食前酒の選び方が解説されている。
またサントリーは食前酒をフランス語によるアペリティフとして紹介、CMを通じ普及させようとしている。

フランス農水省は2004年から、世界各国で毎年6月の第1木曜日を「アペリティフの日」とし、世界規模でイベントが行われている。日本でも同年からフランス農水省 とフランス食品振興会(SOPEXA) の共催により東京、横浜、京都、福岡などの都市でイベントが行われている。
合言葉は「アペしない?」。

と言う事らしいが、初めての経験で、ちょっと固くなってしまった。

20160909082001cce.jpeg

20160909082001ee5.jpeg

20160909082001efe.jpeg

彩りだけでも素晴らしい。

201609090820017e1.jpeg

このミニトマトの中にエスカルゴが入っている。

20160909082001cf9.jpeg

20160909082001972.jpeg


こんな所で廿日だいこんが出て来るとは思っていなかった。

20160909083046e53.jpeg

素晴らしい雰囲気。

20160909083046dfc.jpeg

ここでランチ。
今日は49人の予約があると、言っていた。
凄い人である。

20160909083046ade.jpeg

もう二組アペリティフの人達がいた。

20160909083046cf0.jpeg

二度とない機会。
しっかり楽しみたい。

comment

Secret

プロフィール

えびす農園

Author:えびす農園
FC2ブログへようこそ!
ここまで8年。
定年帰農がなんとか軌道に乗りました。
息子のレストランも皆さんのお陰で1年経過しました。
直売所やレストラン向けに多品種で美味しい野菜の提供を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
21年6月1日から
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード